問題と向き合う

問題を乗り越えること、悩みを解決すること

【思い込み】問題と向き合う 

問題や悩みの「もと(原因)」となる
考え方の歪み、偏り。
心は何に反応しているのか、問題の奥にある怖れと願い


誰もが無自覚に持っている
『主観的』な物の見方、

「価値観」
(信念・マイルール・
良い悪いの判断基準)

「前提」
(常識・当たり前のこと・
固定観念・正しさ・正義)

「思い込み」
(制限・してはいけないこと)に、
気づいていくこと。


問題や悩みを通じて、

自分の姿(していること)、
立ち振る舞い
いつも置かれてしまう状況を、
少し引いた視点から
『客観的』に見ること。


自分の内側と外側、
その両方から、
「自分がなぜ、そんなことをするのか」を
見つめ直すために、


丁寧に「自分と向きあう」ことで、
問題や悩みをひも解く「糸口」が
見えてきます。



生きていく上で、問題や悩みは
どうしても生まれてしまいます

身体や心の不調
職場、学校などでの人間関係
家族に関する悩み
生き方、将来についての不安

人が一生を送る中で、
まったく心の痛みも、悲しみもなく、
問題を一度も経験しない人はいないはずです。

むしろ、私たちのほとんどは、
絶えず悩みや問題を抱えているのかもしれません。

そう考えると、
「どんな問題を抱えているのか」「悩みにどう向き合っているのか」
それは、
その人の「生き方をあらわしている」とも考えられるはずです。



人は、いつでも「何かを選択して」生きている

日々の生活の中で、私たちには、
明日の予定、夕食の献立などの日常的なことから、
就職や結婚など、人生を左右する決断まで、
ありとあらゆる状況において、何かを決めなくてはいけない場面が訪れます。

私たちは、そのつど、
目の前の出来事に反応し、「どうするか」を判断し、
意思決定をし続けているのです。

たとえ、「選択の余地などない」と思えてしまう状況であっても、
人は、置かれた状況の中で、
無意識に「選択しないこと」を選んでいるとも考えられるはずです。

判断をし、選択する中で生まれる「悩み」や「問題」を、
「心の反応」と考えたとき、見えてくるものがあります。

「選択の過程」で、迷いが生じたり。
「選択の結果」について、どうしても納得できず、
「思い通りにならない」「受け入れられない」「許せない」
そんな気持ちになったときに、
私たちの心の中で、「問題」が起きたと認識され、
「悩み」の原因が生まれていると言えるのです。



問題や悩みが生まれるしくみ

人は「思い込み(前提・価値観)」を通して世界を見てしまうものです。

まったく同じ光景を見ていても、
今の自分が持っている価値観によって、まったく違う光景に見えて、
まったく違う体験をして、まったく違うものを得るのです。

問題となる出来事が起こったときでも、起こった現象自体に意味はありません。
出来事はいつでも中立です。また、悩みの対象が「嫌な人」の場合でも、
相手が「何を思ってそうしているのか」は想像にしかすぎません。

人は、出来事が起こると同時に無意識に「解釈」をしています。

解釈して出来事や人に「意味づけ」をすることで、
気がつかないうちに良いか悪いかを判断し、評価しているのです。

この解釈の仕方は、「人によって受け取り方は違うこと」からも、
その意味づけが絶対に正しいわけではないことがわかります。

解釈(意味付け)は、すべて独自の「思い込み」なのです。



出来事、現象に解釈を加えると問題や悩みになる

問題は「問題だと思ってる人」の身にしか起こっていないと言えます。
解釈して、意味づけされた「自分の思い通りにならないこと」が、
(問題だと思っている人にとっての)悩みや問題となるのです。

問題や悩みとして認知されたとき、
私たちは不都合なものとして「何とかしよう」とします。

それは、見方を変えると
自分の思い込み「○○なはず」「○○すべきなのに」「○○してはいけない」などの
制限の中で窮屈にして、もがいているとも取れます。

だから、目の前の出来事がなくなっても、思い込みや、意味づけとなる固定観念がある限り、
「その場」は切り抜けられたとしても、「同じような悩み・問題」が起こり続けるのです。

「思い通りにならないこと」のいったい何が、
自分にとって「良くないこと」なのか、なぜ、不都合だと意味づけしているのか、
「問題や悩みの根本」を見直すことで、見つかるものがあるのです。



「自分と向き合う」ことで、自分の「思い込み」は見えてくる

問題や悩みのから抜け出せず、行き詰まっているとき、
無意識に「制限された選択肢」の中で答えを導き出そうと苦しんでいると言えます。

「思い通りにならない」ときにこそ、
自分を制限している「思い込み」考え方の「偏り」や「歪み」を見つめ直す、
良い機会となるのです。


「どうしたら、いいのか」行動にばかり意識を向けるのではなく、
行動の奥にある気持ちを優先するのです。


「苦しい」「うまくいかない」「行き詰まってしまう」というのは、
「本当に望む方から生き方がズレている」
「自分のことを悪い方に勘違いしている」という、
「自分らしさ」を思い出すためのサインでもあるのです。


苦しい状況から抜け出すためには、
自分の生き方の偏ったところ、無意識の思い込みに気づいていくこと、そして、
自分を苦しめる制限が、必要なければ「止めればよい」だけなはずです。

ですが、「わかっていても、うまく止められないとき」は、
その偏りや歪みのある制限が、「なぜ、つくれたのか」
思い込みがある理由を、掘り下げてみる必要があります。



行動を制限する思い込みは、なぜ生まれるのか

「思い込み」は(その人にとっての)「当たり前」常識、信念です。
無意識に信じていることは、「そうでないと困る」ことであり、
もとは、不安、怖れ、疑いから生まれているのです。

かつて、自分にとって、
「自分の存在を脅かす」「自分の世界が壊れる」ような出来事が起きた。
そのとき、何かを「思い込み」、
そうならないための方法として「やってはいけないこと」という制限ができたのです。

多くの場合、それは幼い頃の悲しい出来事と結びついています。

親の言うことを聞かなかったから、もう、うちの子ではないと怒られた。
だから、自分勝手にしてはいけないと強く心に決めた。

弟や妹をいじめたら、弱いものに手を出すのは卑怯だと言われた。
だから、弱い物は守らなくてはいけないと思い込んだ。

自分の中の怖れ「見たくないもの」「挫折」「絶望」を、
「もう、見ないようにするため」につくられたのが「思い込み」です。

思い込みに従って行動を制限すれば、それをしなければ、
嫌な思いを避けられると信じているのです。



「問題をつくり出している」のは問題だと思ってる人

今の自分にとっての問題「困ったこと」「避けたい出来事」は、
かつての自分が体験した嫌なことを思い起こし、
自分の存在価値を脅かす怖れ、不安、疑いに結びつくことになります。

問題や悩みとなる出来事や人は、その現象自体よりも、
見せたくない自分の姿に繋がるかもしれないという不安や、
隠しておきたい自分の中の怖れに触れるかもしれないと、
「思い込んでいること」の方が重要なのです。


自分が無意識に隠して抑えている反応の「もと」が、すでに自分の中にあるのです。


問題や悩みとして「反応」して、怒りを感じたり、心がザワザワするのは、
心の中に「もと」になる種を隠して、抑圧しているからと言えます。

隠しているものがあるから、反応する。

隠しているからこそ、「出さないようにする」から、
その出来事(現象)や嫌な相手を良くないものと判断し、自分から遠ざけようとします。

でも、いつまでも隠し続けることはできないと言うことも、
心のどこかで、わかっているのです。

問題や悩みの渦中では、
これまでの思い込みによって制限された「偏ったやり方」を、やり尽くした手詰まり感と、
自分の「やっていること」への疑いや、自信のなさを感じているものです。

自分の行動を制限して抑え込むやり方に「限界」を感じながらも、
できれば避けておきたい「もう二度と味わいたくない感情」に
「触れるかもしれない」怖れとの間で、迷い、葛藤しているのです。



「問い」が生まれたとき、同時に「答え」は存在している

「どうしたらいいんだろう」と思うのは、もう「答え」があるからと言えます。
「答え」が存在しなかったら、悩んだり葛藤することもないはずです。

「答え」を気づけていないのは自分に「盲点がある」からです。
「ある」はずのものを、見失っている。だから、悩むのです。

そして、「答え」が見えなくなる「盲点」ができるのは、
「思い込み」によって、自分の行動を制限しているからと言えます。


自分のつくった制限が盲点を生み出し「答え」を隠しているのです。


また、「悩んでいる」のは、見方を変えると「自信がない」とも言えます。
答えに気づいても、「できないかもしれない」という「疑い」「怖れ」がある。
だから、対象となる現象や、嫌な相手の方を「何とかしたい」と考えてしまう。

答えがわからないのではなく、
「答え」に自分が値する自信がない「自己不信」が、悩みの根っこにあって、
どうしても、うまく解決していけるイメージが持てなかったり、
失敗したときに「起こること」を極端に怖れていのです。

また、「良さそうな解決方法」を探してしまうのも、
不安から逃れるために、怖れている事態を避けるために、
今の自分に足らない何かを見つけて、何とかしようとしています。

そもそも、
自分が避けておきたいこと、怖れ、疑いから目を反らそうとする感情には、
「本当はどうしたいのか」はありません。


気がつかないうちに、
「本当は、どうしたいのか」を「ない」ことにする制限をつくり、
その上で、うまくいく方法を探しているけれど、
制限した範囲内でのやり方は、これまでも散々やり尽くしてしまっている。
だから、行き詰まってしまったのです。



「答え」は思い込みの制限の外にある

本当の答えは盲点になっている「本心」「本音」の方にあります。
心の奥では「そうしたい」のに、
触れることが心底怖いことが「答え」なのです。


本心を隠して、見失ったまま、目の前の問題だけなくそうとしても、
いつまでも核心には近付けず、表面上の現実は「同じこと」が繰り返されてしまいます。

「本当はどうしたいのか」は、
「わからない」のではなく「わかりたくない」とも言えます。


思い込みの制限の外に出ることで、
「どうしたいのか」本当の望み、願いが「わかってしまう」と、
かつて封印した「もう、味わいたくない感情」に触れる怖れにも直面してしまう。

できれば避けておきたいこと、だから「気づきたくない」
「わからない」ことで、自分を現状に縛りつけて「守っている」のです。


かつての自分が決めた「してはいけないこと」
非常識だと、自分が選択肢から真っ先にはずした場所に「答え」はあるのに、

自分が決めた制限「すべきこと」「してはいけないこと」が、
結果として、自分の選択肢を狭め、「答え」に近づけず苦しんでいる。


安心できる、自分の身は守れる場所を確保したと思っている。だけど、
実は、とても不自由で、行き詰まった世界に実はいると言えます。



問題や悩みとの向き合い方

何を怖れているのか、何を守ろうとしているのかを知る

自分と向き合って、自分の殻から抜け出すために、
まず、「現実をそのまま捉えること」が必要です。

そもそも、目の前の現実や人を「思い通りに変えること」には限度があります。

そして、
次に見るべきは、その現実を前にして「自分が感じていること」です。
自分の中から湧き出た感情を「そのまま」感じてあげるのです。

出てきた感情を否定して「抑えよう」「なくそう」とすると、
かえってこじれて、苦しい状態が長引いてしまいます。

感情をそのまま出すこと、何が出てきても否定しないことが大切です。

ネガティブな感情であっても「ある」ことを否定して、遠ざけようとすると、
かえって「自分の答え」から離れてしまいます。

その時は、人のせいにしても良いし、言い訳してみても、弱音をはいても良いのです。
そんな弱い自分も出してあげることが、
制限の外にある「ありえない」答えに繋がるのです。

「感情を抑えることなく出すこと」を、やり切った頃には、
自然に意識は自分に向いてくるものです。
「自分は何をしてるんだろう・・・」と思えてきたとき、次に進めるはずです。

その時はあらためて、自分のしていることを客観的に見ることができます。
自分の問題に向き合える状態になっているのです。

感じていることを否定しないことが、
自分を受け入れているという「自分への信頼感」になり、
混乱から抜け出して、地に足が着くようになっていきます。

もし、自分と向き合うときに、心の痛みや怖さがあって、
どうしても「うまくできない」「行動できない」ときは、
その焦りや苛立ちの感情も「そのまま」出してあげる。

どんな感情も「ある」ことを許して、受け入れることで、
「なぜ、自分はそんなことをしてしまうのか」「どうして、いつもそうなのか」
無意識に抱えている「思い込み」が見つかります。

本来は意味のない「ありのままの現実」と、
それを問題や悩みとしている自分が「感じていること」
その間にある溝(ズレ)を埋めるように存在している
自分が正しいと「信じていること」
「〇〇なはずだ」「こうするのが常識」「あれは絶対ダメだ」と、
「思い込んでいる」信念が、気がつかないうちに自分を制限し、
結果的に、行き詰まるのです。



自分を制限する「思い込み」探しの先に見つかるもの

自分が心の中で
「○○しなければいけない」「○○するべき」と思っている・・・
だから苦しいんだ・・・という思い込みを、どんなに見つけ出してみても、
あまり意味が見いだせなくなってくるときが、やがて訪れます。

終わることのない「思い込み探し」にも、行き詰まってしまったのなら、
さらに自分を掘り下げるときと言えます。

そもそも、
悩みや問題から、偏った「思い込み」や「価値観」の歪みを見つけるのは、
自分を正しい方へ変えようとしたり、していることを否定するためではなく、
その奥にある「本当の願い」を見つけ出すためです。

「思い込み」は、傷ついた「本心」を隠すためにつくられたものです。

かつて歪んだ形で何かを「思い込むこと」で封印した本当の気持ち、
自分のせいにして背負うしかなかった願い、
「思い込み」をつくる原因になった
「本当に言いたかったこと」「わかって欲しかった気持ち」が、
心の奥では、まだ、くすぶっているのです。

何をわかってほしいのか、何を言いたいのか、本当はどうしたいのかをわかってあげると、
そこには、「守りたい世界」「叶えたい願い」があります。

これまでの思い込みの制限によってつくられた偏ったやり方では、この先、
大切な世界は守れない、だから、問題や悩みを生み出したとも言えるのです。

行き詰まった状況に必要なのは、
問題や悩みを通して見つかった「本当の願い」を叶えてあげることです。

本当の望みに気づいたとき、
自分をわかってあげて、自分が本当にほしいものを得るための行動を、
「自分が自分に」してあげることができるのです。

問題や悩みは、自分が無意識に抱えている「思い込み」と、
かつて、我慢して抑え込んだ「本当の望み」教えてくれています。


起こった出来事に対して「本当は、どうしたいのか」
心の奥底の願い「答え」を思い出したくて、

まるで、引き寄せられるかのように、同じような環境にはまり、
同じように行き詰まってしまうとしたら、

どうしても繰り返してしまう、
苦しい現実に向き合うことでたどり着いた、その場所には、
自分がずっと抱えていた「本当の望み」「大切な願い」があるのです。





「思い込み」で制限された世界は「不自由」

「安全」なはずなのに「苦しい」


自分を守ってくれて、安全な場所にいるための、
制限、決まり、だったはずなのに。

かつて、
自分の殻として「決めた」
もう絶対に「してはいけないこと」「許されない振る舞い」は、

今では、
自分も、他人も、追い詰めてしまう、だから苦しい。


思い込みを緩めてみるために、
「してもいい(かもしれない)」という選択肢を持つだけで、
少しだけ自由になれて、少し心が楽になる。

「どうしたら、自分は嬉しいのか」
そう心に問いかけてみるだけで、制限の外に出てみるだけで、
人生の何かが開く。

言葉にならず、誰からも受け入れてもらえず、
心の奥底にしまい込まれて、
自ら見捨てようとした「本当の気持ち」を、

もう一度、見つめ直し、
自分の一部として、受け入れ、
自分が「ずっと、そうしたかった」形に変えてあげる。

それが、今は「わからない」の先にある「答え」

かつての自分が、無意識に封印した大切な「願い」

制限をつくる殻の外、
これまでのやり方の反対側に、
「答え」にたどり着くための「行動」がある。


無意識に思い込んでいる
「してはいけないこと」「自分にはありえないこと」

自分を縛る制限を「教えてくれる」ために、
問題や悩みは、目の前に現れたとも言える。

制限、殻、前提、決まりごとは、
かつて傷ついた自分が、これ以上傷つかないように、
感情を守るために、つくったもの

知らず知らずのうちに、でも、心底傷ついたとき、
自分の居場所が足元からなくなる怖さに、脅かされたとき、
心の奥で、何かを「思い込み」、何かを「決めた」

そこに「何があるのか」を知っているのは自分

言葉で傷ついたのなら、言葉でしか癒せない。
誰かに傷ついたのなら、その相手と向き合うことでしか癒せない。
願いが届かなくて傷ついたのなら、
もう一度、自分の願いに気づくしかない。

だから、

もし「目の前の現実」が変わらないのなら、
同じことが繰り返されるのなら、

まだ「制限の中」にいて、もがき続けている。
「盲点」となって、見えていないものがある。
「本当に怖いこと」に、踏み込めないでいる。

傷ついて、何かを思い込み、
その傷をかばって「もう二度と、あんな思いをしないように」
つくりあげた制限。

そんな古い、歪んで、偏った、
不自然なやり方に限界がきているのなら、

心の「歪み」「偏り」という
自分の生き方の根っこにあるものと「向き合うこと」でしか、
「問題」や「悩み」は消えない。

不快で目障りな「相手」や「出来事」だけ遠ざけようとしても何も変わらない。


でも、自分を抑え、偏ったやり方を駆使しながら、
バランスを取って、長い間、生きてきてしまったのなら、

これまで「やってこなかったこと」をやることで、
一時的に不快に感じたり、バランスを崩すことがある。

「これまでやってないこと」は、当然、うまくできない。

「思い込み」を抱えて、ずっと、そうしていたのだから、
慣れ親しんだやり方の方が、楽に思えてしまう。

そして「やっぱりダメだ」「結局、同じだった」と、
絶望したりする。

その絶望すら、自分の内側にすでにあったもの、
だからこそ感じた「やっぱり」


それでも、

そんな自分の中の絶望さえも、否定しないで、
ここまで来れた自分の姿を、受け止めながら、

「何に傷ついたのか」
「何を怖れているのか」
「何を守りたいのか」

自分と向きあうことでしか、
心の奥に閉じ込めた「願い」には、たどり着けない。


「願い」は、傷つかない。だから、「願い」はなくならない。


「やらなければよかったのに・・・」と
傷ついたのだとしたら、それは、
自分を制限している「思い込み」の方。

苦しい状況から、どうしても抜け出せないのは、

何度も同じところに還ってくるのは、

弱いからとか、不甲斐ないからとか、
そんな自分を責める理由ではなく、

その場所にこそ、切り離したり、置いていくことのできない、
自分にとって大切な何かがあるから。

自分と向き合うことで見つかる「願い」がある証。





【 Arriveの考え方と特徴 】

【 カウンセリング・メニュー 】

 【 ご予約・お問い合わせ方法 】 

【 実生活に活かすための心の知識 】


トップページお問い合わせ

サイト内の文章・画像の著作権は「座間カウンセリングスペース Arrive」にあります。
無断複製・営業利用は一切禁止いたします。
(c) 2012 座間カウンセリングスペース Arrive